0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

EN

JA

CLOSE

CLOSE

PAGETOP

SCROLL DOWN

APPLY

応募する

Koji Takahashi Software Development

Koji Takahashi

Software Development

培ってきた知識と経験を活用し、より使いやすいサービスをお客様に提供する。

Q1

HDEでの業務について教えてください。

開発部でプログラマーとして働いています。
と言ってもプロジェクトリーダーも兼任しているため、プログラミングだけをしているわけではなくプロジェクト内外の調整をすることも多いです。

プロジェクトメンバーは全員外国人なので、仕事も雑談も英語で会話をしています。
最初は大変でしたが最近はなんか慣れてきましたね。

あとは海外から社員を採用するGlobalization Projectの一員でもあるためエンジニアの採用面接もしています。

Q2

あなたの職種がHDEで働く魅力はなんですか?

IT企業というと”最先端の技術を使っている”みたいなイメージがあるかもしれませんが新しい技術にはそれなりに未知な部分も多いため、採用をしぶる会社も少くありません。
HDEには”失敗推奨”の文化があるので、役に立ちそうな技術は積極的に採用できますし、それが歓迎されるような雰囲気があります。
常に新しいことにチャレンジできる点が他社にはない魅力だと思います。

Q3

HDEはどんな文化の会社ですか?

HDEは技術に関してだけではなく、業務全般に関して新しいことにチャレンジしていく文化があります。

社長(兼CTO)自身が積極的に挑戦していこう、変化を楽しもうという事を常々言っておりより良い環境を作るために社内のあちらこちらで変化と改善が継続的に行われています。
ある外国人メンバーは”HDEはとてもオープンで、自分が持っていた日本企業のイメージとまったく違っていた”と言っていました。

Q4

今後の夢・野望・希望について教えてください。

HDE社内では外国人採用や公用語の英語化といった国際化が実施されていますが、社外においても有名なカンファレンスへの参加や海外拠点の設立が進められています。
すでに開発部の約半分は外国人メンバーですが、今後は海外からのリモートワークや、インターネットを利用した海外拠点との共同開発といったことを通じてHDEの国際競争力を高めていければと思います。

Q5

どんな人と働きたいですか?

現在HDEは日本だけでなく世界中からエンジニアを採用しています。
すでにHDEにいなければ会うこともなかったであろうエンジニア達と一緒に働けていますが、まだまだ世界にはスゴいエンジニアがたくさんいるはずなので、より向上心のあるプロフェッショナルな人達と仕事をしてみたいです。

Q6

あなたにとっての「テクノロジーの解放」とは?

テクノロジーは我々の生活を豊かにしてくれるものですが、その進歩はいまだに速く、使いこなすにはそれなりの専門知識が必要となるため、全てのユーザーがその恩恵を受けることは簡単ではありません。

我々はこれまでに培ってきた知識と経験を活用し、より使いやすい製品・サービスをお客様に提供することでテクノロジーの解放を実現します。